読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お!予算がこんなに浮いた!社員旅行は貸切バスが便利でお得

年々減っていく接待費や飲み会代。社員旅行などの福利厚生費も縮小されて、一体この予算でどうすればいいの!と頭を抱えている幹事の皆さん。とはいえ、社員旅行は普段会社のために尽力している社員のためのものであり、また社員同士のコミュニケーションを増やす大切な機会でもあります。少ない予算でも良い旅行にしたいですよね。そんな時は「貸切バス」を検討材料に加えて下さい。人数や予算に応じて柔軟に対応でき、何より楽です。貸切バスを使った社員旅行について紹介します。

貸切バスが楽な理由

s-bus8_2

会社から直行できる

社員旅行や慰安旅行は平日の仕事終わりに出発、というケースが多いのではないでしょうか。現地に直接集合は、社員の負担も大きいですよね。その点、貸切バスだと、仕事終わりに会社から直接現地へ向かえます。これは楽ですよ。到着までの時間は自由時間。休憩もできるし、残った仕事もバスの中で片付けられるかも。しかも、参加人数に応じてバスのタイプも選べるので予算にムダが出ません。

バスのタイプが選べる

いつもと一味違った社員旅行や慰安旅行も、貸切バスなら実現可能。たまには目先を変えて、貸切バス内宴会はいかがでしょうか。サロンシートタイプの貸切バスならテーブルを囲んで座れるので宴会も盛り上がりそうですね。宴会は目的地に着いてから、というパターンでも、貸切バスならカラオケやゲームなども楽しめます。これだけでもかなり親睦が深まりそうですね。

コースが自由に設定できる

さらに、社員旅行の難しいところは、年齢や好みがバラバラな人たちをどうやってまとめて、しかも満足させられるかでしょう。たいていは温泉など、無難な場所に落ち着きますよね。こんな時も貸切バスの出番です。ツアーではないので、決まった観光コースを回る必要はありません。例えば、ゴルフがしたい社員組の送迎の合間に観光組はバスで回るなど自由に決められます。幹事の腕の見せ所でもありますね。

直前のキャンセルにも対応できる

社員旅行はどうしても仕事の都合でドタキャンが出てしまいがちですね。でも貸切バスなら、バスをまるごと貸し切るだけです。なので、チケットのキャンセルもなく、無駄な出費も最小限に抑えられますよ。ただでさえ色々と準備が大変な幹事さんの負担を少しでも減らすことのできる選択肢ですよね。

参加する側の負担も少ない

貸切バスで行く社員旅行のメリットは参加する側の負担も少ないことです。職種によってはただでさえ荷物が多いのに、さらに旅行だと荷物を運ぶだけでも一苦労。でも、貸切バスならその心配も無用です。今まで実現できなかったスキーなども、貸切バスなら可能になるかもしれませんね。

貸切バス料金相場

15~25人前後なら中型か小型バス

[caption id="attachment_54" align="alignnone" width="650"]big tourist buses on parking
社員旅行の人数はだいたい15人~25人くらいが多いのではないでしょうか。この人数だと中型バスが対応可能です。小型バスでもOK。予算に応じて選べます。貸切バスの料金の目安をバスの大きさ別に紹介します。[/caption]

小型バス

~25席まで。平日:5万5000円 土・休日:5万8000円

マイクロバス

~28席まで。平日:5万円 土・休日:5万5000円

中型バス

~39席まで。平日:6万円 土・休日:6万5000円

大型バス

~60席まで。平日:7万5000円 土・休日:7万9000円

以上、2016年1~3月の料金相場の目安です。

サロンバス料金目安

サロンバスとは、車内の後部座席がコの字型に変更できるタイプのバスです。大きく分けて2脚(4席)が回転するタイプ、4脚(8席)が回転するタイプがあります。サロンバスに変更できるバスは大型バスの場合が多いですが、中型や小型でも対応しているバスもあります。 ・中型サロンバス:~28人まで7万5000円~ ・小型サロンバス:~25人まで6万5000円~

バス料金に含まれるもの

・バスの貸切料金 ・運転費用(乗務員代) ・ガソリン代 ・保険代

バス料金に含まれないもの

・高速料金、有料道路代 ・バスガイド代 ・有料駐車場代 ・乗務員の宿泊代など *当日実費精算の事が多い

まとめ

いかがでしたか。貸切バスの特徴と料金の相場などについて紹介しました。バスの料金はバス会社が時間と距離に応じて運賃の上限と下限を決めて各運輸局に届け出ています。ですので、さらに貸切バスをお得に借りるためには、バス料金に含まれないものなどを上手にカットすれば実現できそうです。参考にして下さい。

SNS OFFICIAL WEBSITE

オフィシャルファイスブック